経産省、「Open School Platform」の実証実験に「Turbolinux FUJI」採用

ニューズフロント 2006年03月23日 14時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは3月23日、京都府京田辺(きょうたなべ)市の小中学校で実施されたオープンソースソフトウェア(OSS)デスクトップ環境の実証実験に、同社のLinux製品「Turbolinux FUJI」が採用されたことを発表した。

 同実験は、経済産業省が推進する「Open School Platform」プロジェクトの一環。公共機関向けシステム開発で実績のある内田洋行が、京田辺市の教育委員会などと共同で実施した。実験期間は2005年9月下旬〜2006年3月中旬。

 京田辺市にある3つの小中学校の生徒1050人が、リサイクルパソコンを含む210台のLinuxパソコンを授業に利用した。参加したのは田辺小学校、草内小学校、田辺中学校。それぞれ算数、社会科、理科、総合学習の時間に、オープンソースのオフィスソフトや画像処理ソフト、ウェブブラウザなどの操作性を検証した。

 また教育委員会によるリモートメンテナンスと訪問サポートを中心に、OSSデスクトップ環境の運用管理体制を構築したという。なおOpen School Platformプロジェクトでは、ほかに岐阜県と茨城県の小中学校が、ターボリナックスのLinux製品を導入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから