スカイアーク、複数サイトの更新情報を自動でRSS化する「SkyFEED RSSマネージャー」

目黒譲二 2006年03月24日 20時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカイアークシステムは3月24日、1つのシステムで複数のウェブサイトの更新情報を自動的にRSS化する「SkyFEED RSSマネージャー」と、収集したRSSを元にウェブサイトを自動生成する「SkyFEED Pro」の提供を開始すると発表した。

 SkyFEED RSSマネージャーは、システムをサーバにインストールして簡単な設定をするだけで、指定したhtmlの更新情報部分を自動的にRSS化できる。複数のRSSを1つのシステムで管理でき、登録者数や記事ごとのアクセス数が表示される「アクセスレポート機能」も実装している。

 SkyFEED Proは、SkyFEED RSSマネージャーの各機能に加え、収集した更新情報を利用してウェブサイトを自動生成する機能も実装している。

 ライセンス価格は、SkyFEED RSSマネージャーが15万7500円から、SkyFEED Proが63万円からとなっている。スカイアークシステムでは、本年度で50サイトの導入を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!