OSDL、テクニカル・アドバイザリ・ボードを新たに編成

CNET Japan Staff 2006年03月27日 08時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープン・ソース・デベロップメント・ラボ(Open Source Development Labs:OSDL)は3月22日、新しい「テクニカル・アドバイザリ・ボード」(Technical Advisory Board:TAB)を編成したことを発表した。

 同アドバイザリボードは、Linuxおよびオープンソースソフトウェア(OSS)開発者で構成され、開発コミュニティにとって重要な技術要件や課題についてOSDLに助言する。任期は2年間で、カナダのオタワで毎年7月に開催される「Linux Kernel Summit」の参加者によって選考される。メンバーの半数を毎年選出し直している。

 初代議長には、SteelEyeの採鉱技術責任者(CTO)を務めるJames Bottomley氏が就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?