システム・テクノロジー・アイと日本情報通信、教育ビジネス分野で提携

CNET Japan Staff 2006年03月27日 08時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システム・テクノロジー・アイと日本情報通信(NI+C)は3月24日、教育ビジネス分野で業務提携すると発表した。

 この提携でNI+Cは、システム・テクノロジー・アイのE-Learningサーバソフトウェア「iStudy Enterprise Server(iES)」とIBMのハードウェアおよびDB2、WebSphereなどのソフトウェアを統合した教育ソリューションを提供する。

 またNI+Cは、2006年5月よりiESを利用したWeb研修サイト「TimE(Time is money for Education)」上で、NI+Cのパートナー企業に対して、IBM製品をはじめとするITやビジネススキルに関する教育を提供していく計画だ。

 今回の提携でシステム・テクノロジー・アイとNI+Cは、IBM製品を販売するNI+Cパートナー約200社に対して教育ソリューションの技術および販売スキルの向上を支援する。両社は、iESとIBM製品を組み合わせた教育ソリューションで、初年度20社への導入を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!