日本ユニシス、異機種ストレージを利用可能な災害対策製品「GlobalRecovery 30m」

ニューズフロント 2006年03月28日 14時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは3月28日、災害対策製品「GlobalRecovery 30m」の販売を4月に開始すると発表した。GlobalRecovery 30mは、Unisysの「SafeGuard 30m」を国内向けに商品化した製品。災害対策システム構築に必要なハードとソフトを合わせて提供する。

 GlobalRecovery 30mは本番拠点と災害対策拠点で異なるストレージ装置を利用できるため、災害対策拠点は最小限のストレージ構成にするといった対応が可能だ。また、1テラバイトから無制限まで対応容量の異なるモデルを用意しており、保護すべきデータ量に合わせ投資コストを抑制できる。日本ユニシスは「従来のストレージベースのレプリケーションより低価格で構築することが可能」としている。

 災害対策拠点へのデータ転送は、更新されたデータの最小単位で転送する。転送時にデータを圧縮するので、必要とする回線帯域を縮小し、回線費用を抑制できる。

 日本ユニシスでは、今後3年間でGlobalRecovery 30mの売上高10億円を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから