日本オラクルと帝国データバンク、与信情報の一元管理システムを提供

ニューズフロント 2006年03月28日 16時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 帝国データバンクと日本オラクルは3月28日、企業の与信情報一元管理システムを発売すると発表した。日本オラクルのデータ統合ソフトウェア「Oracle Customer Data Hub」と、帝国データバンクの企業概要データベース「COSMOS2」を組み合わせて提供する。企業グループ全体の取引先状況、債権残高の把握や、企業内に散在する顧客情報の共有化といった用途に向ける。

 与信限度額算出表や債権、債務管理表など、表計算ソフトや会計システムが扱う情報をデータベース上で統合。これに帝国データバンクが提供する、取引先企業の業績、株主、仕入先、得意先、取引銀行、1年以内の倒産確率といった情報を組み合わせ、社内外の顧客情報基盤を一元化する。また与信設定のための各種係数設定や、与信限度額などの自動算出も行なえる。

 このほか情報アクセスレベルに応じた参照権限の設定機能を備え、営業管理システムや顧客分析システムと容易に連携できるという。システム構築を手がけるCSKシステムズが導入サポートを行なう。価格はOracle Customer Data HubとCOSMOS2のみの最小構成で980万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!