サイバーテック、社内システムのアカウント情報を統合管理できるソリューションを発売

柴田克己(編集部) 2006年03月28日 22時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーテックは3月28日、XMLアーキテクチャを採用したアカウントID統合ソリューションパック「Cyber ID Meister(サイバー・アイディ・マイスタ)」を発売した。

 Cyber ID Meisterは、人事システムから取得した各ユーザーのアカウントに関する情報を統合し、企業内に存在する各業務システムやグループウェア、メールサーバなどの設定に全自動で反映させるシステム。複数のシステムが個別のスキームによって管理されている場合などに発生するアカウント管理のコストやセキュリティリスクを低減させることが可能になるという。

 人事マスタ、統合アカウントデータベース、各業務システムのアカウント情報の連携は、データ連係ツールを利用したマッピング方式で実現するため、導入に当たって既存のシステムに手を加える必要がない。接続先は、Lotus Notes/Dominoの公開アドレス帳、メールボックス、Active Directory、RDB、CSV、XML、ファイルシステム、Excel、ODBCなど、ほぼすべてのフォーマットに対応する。

 Cyber ID Meisterでは、統合アカウントデータベースとして、同社の開発するXMLネイティブデータベース「Cyber Luxeon」を採用しており、階層化された人と組織の情報をXMLで管理する。また、将来的な属性の追加や変更の際にもシステムを停止する必要がないという。同社では、Cyber ID Meisterの導入対象企業として、500以上のアカウントを複数のシステムで保有および管理する中堅、大企業としている。

 Cyber ID Meisterの販売価格は1680万円(Windows版、1CPU、ユーザー数無制限、税別)。この価格には、アカウント統合データベースのCyber Luxeon、データ連係ツール、Lotus Notes/Domino Adapter、Lotus Notes/Domino ID Adapter、Active Directory/LDAP Adapter、初年度保守サポート、連携開発(3システムまで)、開発トレーニングの費用が含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?