フィンランド防衛省、新しいプラットフォーム構築にノベルの「SUSE Linux」を採用

CNET Japan Staff 2006年03月29日 00時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノベルは3月21日、フィンランドの防衛省が「Novell SUSE Linux Enterprise Server」を同省における最重要プロセス管理、記録アプリケーション、メッセージングサービス、イントラネットポータルのためプラットフォームとして採用したことを明らかにした。

 フィンランド防衛省の意思決定プロセス、文書のやり取りや電子メールコミュニケーションは、Lotus Dominoがベースで、すべての交換文書はスキャンされて読み込まれ、承認などのプロセスにもこれが使われている。

 同省は、既存のUNIXでの導入からの移行を図り、実証済みの信頼性や高い可用性、セキュリティを評価してノベルのLinuxプラットフォームを採用。重要アプリケーションをLinux上で稼働させ、職員はWindows端末からこれらにアクセスするという環境で稼働させている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから