クリアスウィフト、デル「PowerEdge」ベースの電子メールセキュリティ装置

ニューズフロント 2006年03月29日 15時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルとクリアスウィフトは3月29日、電子メールセキュリティ分野で協業すると発表した。これにより、クリアスウィフトがデルのラックマウントサーバ「PowerEdge 1850」「PowerEdge2850」ベースの電子メールセキュリティ装置「MIMEsweeper SMTP Appliance(日本語版ver2.3)」を開発し、販売を開始した。税込み価格は、メールボックス数250個の「CS250モデル」が150万円となる。

 MIMEsweeper SMTP Applianceは、ゲートウェイを通過するすべての電子メールを、ポリシーに沿ってリアルタイムに分析するセキュリティ装置。クリアスウィフトが独自開発したスパム対策エンジン「SpamLogic」を搭載し、複数の検査手段を適用してスパム検出率99%を実現する。ウイルス、スパイウェア、フィッシングの対抗策としては、ロシアKasperskey Labの対策技術を採用した。

 外部からの不正侵入を防ぐだけでなく、フィルタリング機能で内部から外部へ送信される電子メールを検査して情報漏えいも防ぐ。日本語版には、保留したスパムメールを受信者自身が管理する機能「PMM(パーソナルメッセージマネージャ)」を追加している。

 クリアスウィフトは、デルの独立系ソフトベンダー(ISV)支援プログラム「デルISVアリーナ」に参加し、ウェブベースの拡販プログラム、共同セミナー、展示会などで協業し、製品をプロモーションする。一方、デルは、Microsoft Exchange Server 2003やLotus Notes/Dominoなどにおける重要となるスパム対策ソリューションの1つとして、積極的に提案していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR