ビートラステッド・ジャパン、セキュリティサービス「SMP」をソフトバンクBBに導入

CNET Japan Staff 2006年03月30日 01時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビートラステッド・ジャパンは3月29日、同社のパートナ企業であるCybertrustが提供する「Cybertrust Security Management Program(SMP)」をソフトバンクBBに導入したことを発表した。

 SMPは、継続的なセキュリティ評価と認証を行う総合セキュリティ管理サービスパッケージ。体系化されたプログラム的アプローチを用い、企業のセキュリティリスクを低減するとともに、コンプライアンスへの継続的な適合を検証する。これにより、既存の人材、プロセス、技術などの投資価値を最大化しながら、組織全体のセキュリティ状況を向上できる。

 ソフトバンクBBでは、社内の機密情報監視システムの導入や、全社でのISMS認証の取得などに多大な投資を行ってきた。今回のSMP採用で、現行システムの効果を具体的かつ客観的に測定、評価したい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?