特集:“見える化”を支援するテクノロジ

山下竜大(編集部) 2006年03月30日 10時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ラウンドアップ】  2006年に入り、新聞や雑誌、フリーペパーの記事など、またセミナーやイベントの講演など、さまざまなところで“見える化”という言葉を目に、耳にする機会が多くなってきた。なぜ今“見える化”が注目されるのか。また、“見える化”とは、何であり、どのように実現されるのか、“見える化”を目指す企業の取り組みを紹介する。

  • “見える化”で情報とコミュニケーションの洪水を防ぐドリームアーツ

    情報とコミュニケーションの洪水を、“見える化”により防御し、より知的生産性の高いビジネス環境の実現を目指しているのが、独立系ソフトウェア&コンサルティングプロバイダーであるドリーム・アーツだ。

    2006年03月31日

  • “見える化”でシステム開発を革新するチェンジビジョン

    2006年2月22日に設立されたばかりのチェンジビジョンは、企業や組織、そしてシステム開発プロジェクトの現場が抱えるさまざまな課題を“見える化”により解決することをビジョンとしている。

    2006年03月30日

  • 強い現場を実現する“見える化”

    2006年に入り、新聞や雑誌、フリーペパーの記事など、またセミナーやイベントの講演など、さまざまなところで“見える化”という言葉を目に、耳にする機会が多くなってきた。なぜ今“見える化”が注目されるのか。

    2006年03月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR