みずほ銀行とトレンドマイクロ、インターネットバンキングのセキュリティ強化で連携

CNET Japan Staff 2006年03月30日 16時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みずほ銀行は3月30日、みずほダイレクトを利用する顧客のPC環境におけるセキュリティ強化をトレンドマイクロと協力して進めていくと発表した。

 この発表でみずほ銀行は2006年4月3日より、「みずほダイレクト」のユーザーを対象に、トレンドマイクロのスパイウェア対策専用ソフト「スパイバスター2006」および総合セキュリティソフト「ウイルスバスター2006」の期間限定版を収録したCD-ROMを店頭などで無償提供する。

 スパイバスター2006は30日間、ウイルスバスター2006は90日間、無料で利用できる。なお、スパイバスター2006の配布は2006年4月中旬よりとなる。

 またみずほ銀行では、2006年4月上旬をめどに同行ホームページからトレンドマイクロが運営するインターネットセキュリティ情報サイト「インターネットセキュリティナレッジ」にリンクすることも明らかにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!