SSJ、人事分散入力ツール「SuperStream-field/HR」の「Oracle AS」対応版を発表

CNET Japan Staff 2006年03月30日 16時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エス・エス・ジェイ(SSJ)は3月30日、統合業務パッケージ「SuperStream」の人事分散入力ツール「SuperStream-field/HR(人事諸届・照会システム)」を、日本オラクルの「Oracle Application Server」に対応させたことを発表した。2006年4月1日より販売を開始する。価格は300万円より。出荷開始から1年間で50社への販売を見込んでいる。

 SuperStream-field/HRは、社員がブラウザから住所変更/家族情報/通勤情報などの人事諸届を入力申請し、自動的に承認処理を行えるワークフローシステム。これまでBEA Systemsの「BEA WebLogic Server」に対応していたが、今回の販売開始に伴い、データベースとアプリケーションサーバをオラクル製品に統一できるようになる。

 SuperStream-fieldシリーズでは、すでに会計用フロントエンドモジュール「SuperStream-field(分散入力システム)」がOracle Application Serverに対応しており、これでSuperStream-fieldシリーズがOracle Application Serverに完全対応したことになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR