ソニーが日本SGI株の10%を取得--フルデジタル化のノウハウを共有して欧州展開も

CNET Japan Staff 2006年03月30日 16時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGIは3月30日、国内および海外市場を含めた放送/メディア業界向けの事業戦略の強化に関して、ソニーと戦略的提携を行うことで合意したと発表した。この発表に基づき日本SGIは、2006年3月30日付で第三者割当増資を行い、増資後の発行済株式総数の約10%分をソニーが取得する。

 日本SGIは発表されたリリースで、デジタルアーカイブの構築やIPマルチキャストなどに強い日本SGIと放送/映像機器のトップベンダーであるソニーの提携を、「放送と通信の融合時代に向けての強力なパートナーシップ」と述べている。今後両社は、この分野での経験とノウハウを組み合わせ、シナジー効果を発揮したい考えだ。

 日本SGIはまた、欧州が先行するフルデジタル化に注目し、欧州の放送市場への進出を計画している。放送局ビジネスで先行するソニーとの提携で販路の拡大も期待できる。両社は、フルデジタル化のノウハウを共有し、最適なソリューションの提供を展開することを目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?