NEC、携帯電話からのシングルサインオンを可能とするシステム

ニューズフロント 2006年03月31日 14時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは3月31日、携帯電話からインターネットおよび無線LAN経由でのウェブシステムへのシングルサインオン(SSO)を実現する携帯電話管理サーバ「WebSAM SECUREMASTER/MB」とアクセス制御サーバ「WebSAM SECUREMASTER/ACS」の販売を開始した。税別価格は、303万6000円(250ユーザー)から。

 両サーバは、セキュリティ運用管理ソフト「WebSAM SECUREMASTER」を強化した製品。どのユーザーが、どのシステムに、どのような条件でアクセスするのかという3種の情報を一元管理する。さらに、この情報を参照して、ウェブシステムへのアクセスを制御する。SSO利用に必要な管理サーバへの端末情報登録は、ユーザー自身で行える。そのため、システム運用管理者の作業工数を削減できる。

 当初、NECのFOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」に対応している。2006年度第1四半期(2006年4月〜6月)には、NTTドコモ、au、ボーダフォンの各種携帯電話に順次対応する予定だ。NECでは、今後3年間で50システムの販売を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?