ゆうあいクリニック、検査データのセキュアな読影診断に「Citrix Presentation Server」を採用

CNET Japan Staff 2006年03月31日 17時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シトリックス・システムズ・ジャパンは3月31日、医療法人社団ゆうあい会ゆうあいクリニックがクライアント/サーバ型の検査システムに「Citrix Presentation Server」を採用し、院外からセキュアかつ高速に検査データを処理できる画像配信システムを構築したと発表した。

 ゆうあいクリニックは、2004年7月に横浜や東京の病院が共同で設立した、PET(Positron Emission Tomography:陽電子放射断層撮影)装置などを使った画像診断に特化した検査専門機関。世界でも最大規模となる8台のPET装置を設置し、がんの精密診断からステージング、治療効果確認、再発確認、予後フォローまで、さまざまな段階で検査を行っている。

 同クリニックでは、提携医療機関に検査データを利用してもらう場合、院外から大容量画像データを処理することと安全性という2つの大きな問題があった。医療画像データの配信、保存フォーマットは、DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)という規格で統一され、画像データ1枚に通信情報、患者情報、検査情報などの管理データも含まれる。ひとり分の検査データは数百メガバイトにもなる。

 さらに、検査データは秘匿性が高いことも問題のひとつ。提携医療機関の医師に対して、サーバに保管している検査データに高速かつセキュアにアクセスしてもらえる環境が必要だった。

 そこで同クリニックでは、院外からのデータ参照のために、2004年10月より画像配信システム「Flex View」の構築を開始。その中核となるインフラに、Citrix Presentation Serverを採用した。

 Citrix Presentation Severを使った画像配信システムでは、サーバ上で処理された結果だけをクライアント側に画面イメージとして送信するため、大容量の画像データを高速に処理できるようになる。また患者のデータをサーバ側で一括管理でき、医師のPCには作業した検査データを残さないため、高いセキュリティを実現した。

 さらに、海外出張時にもインターネット経由で画像データを参照できるほか、緊急時に院外から携帯電話で接続して画像データを参照できるような仕組みも構築している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?