T-SS、情報漏えい防止製品に東京海上日動の個人情報漏えい賠償保険を付帯

WebBCN (BCN) 2006年04月03日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS、林元徳社長)は、情報漏えいと不正使用を防止するソリューション「Pirates Buster for Document (パイレーツ・バスター・フォー・ドキュメント、PB for Document)」に、東京海 上日動火災保険(東京海上日動)の「個人情報漏えい賠償保険」を付帯し、4月1日から販売する。情報漏えい対策から事故発生のリスクまで総合的にカバーしたソリューションを実現することで、「PB for Document」を安心して利用 してもらうことが狙い。

 万一、「PB for Document」がインストールされたコンピュータから個人情 報が漏えいし、ユーザーが法律上の賠償責任を負った場合、付帯された保険に より、損害賠償金や訴訟に要した費用が保険金として支払われる。保険金の支 払限度額は、ユーザー1社当たり300万円(免責金額10万円)。さらに、より大 きな補償を希望するユーザーには、T-SSが東京海上日動の代理店を紹介し、個々 のユーザーの事情に合わせ柔軟な保険の提案も行う。なお、同保険は、NECパー ソナルプロダクツが販売する「CAD図面まもるくん」も対象とする。

 「PB for Document」は、マイクロソフトのOffice製品(Excel/PowerPoint/Word)やPDF、CSV、TEXT形式などのファイルを暗号化して利用権限を管理し、情報漏えいとファイルの不正使用を防止する情報保護&セキュリティソリュー ション。「Winny」による情報漏えいに際しても、「PB for Document」で暗号 化され利用権限が管理されたファイルであれば、流出したファイルを取得した 第三者が内容を閲覧することはできない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?