ターボリナックス、PHPツールのゼンド・ジャパンを買収、海外での販売権も取得

ニューズフロント 2006年04月03日 17時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは4月3日、PHPツールおよびサービスを提供するゼンド・ジャパンを買収すると発表した。同時に、ゼンド・ジャパンへPHPツールを供給するイスラエルZend Technologies(Zend)と販売権契約を結んだことも明らかにした。

 「(製品およびサービスラインナップに)Linuxと非常に近い開発言語であるPHPを加え、オープンソース事業を拡大する」(ターボリナックス)

 ゼンド・ジャパンは、PHP開発環境「Zend Studio」など、ZendのPHPツールの販売や、開発者向けの教育やサポートサービスなどを提供する。また「MySQL」などオープンソースのウェブアプリケーション構築環境(LAMP)に関わる、ツールやサービス提供を手がける。

 ターボリナックスでは3月30日付けで、オープンソース・ジャパンと、同社が保有するゼンド・ジャパン株式の90%を譲り受けることで基本合意した。4月3日から具体的な協議を始め、詳細は決定し次第発表するとしている。

 またターボリナックスは4月1日に、Zend製品の日本での独占販売権と、中国、インドでの販売権を取得した。Zend社がアジア、インドの主要市場でこうした販売権を付与するのは初めてという。Zend製品と関連サービスは、引き続きゼンド・ジャパンを通じて提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!