ビック東海とインフォテリア、ASTERIAソリューションパートナー契約を締結

CNET Japan Staff 2006年04月03日 22時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビック東海とインフォテリアは4月3日、ビック東海がインフォテリア製のデータ連携サーバ「ASTERIA」のシステム提案から、導入、技術サポートに至るサービスをエンドユーザー向けに提供するための「ASTERIAソリューションパートナー」契約を締結した。

 ビック東海は、自社製品のデータ交換ソリューション「JFT/Server」で、集配信/EDIシステムの構築実績を有する。これで培ったノウハウを生かし、JFT/ServerとASTERIAを統合し、EDI、B2B、社内システム連携において最適なソリューションを提供することを目指している。

 両社は以前より、全銀TCP/IP手順をASTERIAで実現するためのオプションアダプタの開発などで協力関係を築いていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから