ソリトンシステムズ、統合管理ソフト「e-Care」にWinnyの自動削除機能を追加

吉澤亨史 2006年04月04日 20時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソリトンシステムズは4月4日、統合管理ソフトウェア「e-Care」を4.05にバージョンアップ、Winnyの自動削除を可能にし、同日より販売を開始した。

 e-Careは管理用の「Manager」とクライアント用の「Agentソフトウェア」で構成され、クライアントPCにAgentソフトウェアをインストールすることで、PCにインストールされたWinnyを発見し自動的に削除する。Agentソフトウェアはダウンロードによって提供される。

 e-Careは、PCやサーバ、ネットワーク機器、プリンタなどから最新情報を自動収集、検索をして、目的にあわせた資産管理台帳を自動的に作成するソリューション。セキュリティパッチが適用されていないPCや、アンチウイルス製品のパターンファイルが適用されていないPCを検索し、設定したスケジュールで自動インストールを実行する。持ち込みPCを自動検出し、担当者にメールで知らせることも可能だ。今回のバージョンアップによって、PC内のWinnyの自動削除も可能となった。自動削除するため検出や通知、削除といった手間を省き確実なWinny対策が行える。

 価格はe-Care資産管理機能のManagerが1ライセンス47万円、クライアントPC用のWindows Agentは3000円以下となっており、ボリュームディスカウントも用意される。なお、既存のe-Care 4.0ユーザーは無償でWindows Agentソフトウェアをダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!