日本コムシス、災害時に携帯電話を使って現地情報を収集するシステム

WebBCN (BCN) 2006年04月05日 11時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コムシス(島田博文社長)は、現地情報収集システム「GeoPic」を発売 した。税別価格は最小構成で700万円から。

 「GeoPic」は、災害発生時に情報センターから社員や職員の携帯電話等へ安 否確認メールや災害発生通知メールを送信。メールに添付されているURLにア クセスし、質問項目に回答することで、安否の確認や被災地の状況を把握する ことができる。

 ウェブやメールを使用するため、災害発生時に電話が込み合い音声通話が困 難な状況でも連絡ができる。また、携帯電話のGPS機能を利用して、社員や職 員の現在地や被災地の画像を情報センターの地理情報システムの地図上に表示 することもできる。また、日本コムシスのIP電話ソリューションと連携させる ことにより、PCの地図上から簡単に電話や電話会議が行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!