EDSジャパンとジャパンシステム、全社規模の協業体制を確立へ

ニューズフロント 2006年04月05日 14時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EDSジャパンは4月5日、ジャパンシステム(JS)とのあいだで全社レベルの協業体制を強化すると発表した。両社は、協力して長期大型案件を獲得し、3年後にはグループとして売り上げ規模の倍増を目指す。

 EDSジャパンの親会社である米Electronic Data Systems(EDS)は、1992年2月にJSへの出資を開始し、現在53.6%の株式を保有している。JSはEDSジャパンとのいっそうの協業が必要と判断し、EDSジャパンから常務取締役として出向していた知場訓久氏を、4月1日付けで代表取締役社長とした。

 今後、EDSジャパンとJSは、EDSジャパンのアウトソーシング分野におけるソリューション能力とグローバルネットワークなどと、JSの持つシステム開発および保守、運用、ネットワーク関連サービスなどを、相互補完的に連携させる。そのうえで、EDSジャパンが強みを発揮する金融、製造および自動車、流通分野と、JSが得意とする通信および公共機関の合計5分野を中心に、営業部門、技術サポートシステム部門で協業体制を確立する。

 両社は、長期契約に結びつく大型案件を中心に事業の拡大を図るほか、管理部門においても両社間で効率化を実施する計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR