日立システム、SAPジャパンとサービスパートナー契約を締結

CNET Japan Staff 2006年04月05日 23時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービス(日立システム)は4月5日、中規模企業向けのERPソリューション提供を加速するために、SAPジャパンとサービスパートナー契約を締結したことを発表した。契約は2006年4月1日に完了している。

 SAPサービスパートナーは、SAPソリューションの導入やインテグレーションをサポートするSAPジャパン認定のパートナー企業プログラム。日立システムでは、上流コンサルティングから、業務プロセス/ソリューションコンサルティング、システムコンサルティングなどのサービス提供を通じ、顧客企業に戦略的ビジネスコンサルティングを提供していく。

 今回の契約で日立システムは、同社が提供するEPM(Enterprise Performance Management:企業パフォーマンス管理)ソリューションや DCM(Demand Chain Management)ソリューションなどの周辺ソリューションを含め、企業の基幹システム構築における総合的なソリューション提供体制を確立したい考えだ。

 これまでは日立グループのメンバーとして日立グループの顧客に対して行ってきたSAP関連ビジネスを、中規模企業を主なターゲットとして独自に展開する。ERP関連ソリューションの開発も含め、2008年度に約20億円の受注を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?