マイクロソフト、開発者向けに「Windows Vista」などの技術支援プログラム

ニューズフロント 2006年04月06日 16時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは4月6日、新OS「Windows Vista」とオフィスソフト「2007 Microsoft Office system(Office 12)」に関する技術取得を支援する「ベータ エクスペリエンス プログラム」を開始した。

 プログラム参加者向けに、両製品の技術情報に関するニュースレターを配信するほか、セミナー、キャンペーンなどを実施。7―9月期にベータ版の提供を開始する際は、いちはやく通知するという。また同プログラムを通じて、ベータ版のダウンロードおよびパッケージ注文を受け付ける。

 ニュースレターは6週間ごとに、製品発売まで合計6回配信する予定。内容は新機能についての解説記事や関連製品情報、アプリケーションのサンプル、開発者向けのイベント、トレーニング・プログラムの紹介、ウェブキャスト(動画や音声配信)など。なお、ウェブキャストの音声は現在のところ英語のみとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR