XMLコンソーシアム、暗号化XMLデータの妥当性検証技術の検討活動を開始

ニューズフロント 2006年04月06日 17時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 XMLコンソーシアムは4月6日、暗号化XMLデータの利用技術に関する検討活動を開始した。暗号化XMLデータの妥当性検証をスムーズに行う技術を確立するために、必要な技術の検討と、参考実装の開発および検証をして、現実の業務への適用を提案していく。

 XMLデータ向け暗号化規格には、World Wide Web Consortium(W3C)の定めたXML Encryptionが存在する。しかし、XML Encryptionで暗号化したデータは、XMLデータの構造を規定するXML Schemaによるスキーマ検証が実施できない。

 XMLコンソーシアムはこの問題を解決するために、Webサービス向けプロトコルであるSOAPでXMLデータを交換する業務用アプリケーションを対象として、XMLを暗号化した際のスキーマ検証方法を検討、開発、提案する。

 具体的には、W3Cの文書「XML Encryption Requirements W3C Note 04 March 2002」で提案されている以下の3つの方法について、Webサービスへの具体的な適用手段を検討する。

  • 暗号化前と暗号化後の両方を許すスキーマを用意する
  • 暗号化前のスキーマと暗号化後のスキーマを両方用意する
  • 復号してから妥当性検証を行う

 検討結果や提案などの活動成果は、公表して広く利用してもらう。第一次の成果報告は、2006年6月に行う予定だ。活動は、XMLコンソーシアムのWebサービス実証部会とセキュリティ部会が共同で実施する。活動に参加する企業は以下のとおり。

  • アドソル日進
  • 内田洋行
  • キヤノン
  • JIEC
  • 東京エレクトロン
  • NEC
  • ネット・タイム
  • ノムラシステムコーポレーション
  • 日立製作所
  • PFUアクティブラボ
  • 富士ゼロックス
  • 富士通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!