日本IBM、ビジネスパートナー向けに次世代XMLデータベースを公開

WebBCN (BCN) 2006年04月10日 11時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBM(大歳卓麻社長)は、XMLをサポートしたハイブリッド型データベース「DB2 Viper(コードネーム)」を開発、製品のリリース前に、ビジネスパートナー向け紹介セミナーを開催すると発表した。

 セミナー日時は、4月26日の14時から17時で、渋谷マークウエスト18階の「IBM 東京イノベーション・センター」で実施する。

 セミナーでは、XMLやXMLデータベースへのニーズが高まっている背景や市場 動向、既存のXMLサポートの課題、Viperが提供するハイブリット型DBの概要の ほか、「DB2 Viper」のXML機能をはじめ、オートノミック、行圧縮といった機 能拡張などの概要を紹介する。

 従来のXMLデータストアがXML専用データベースとRDBによるXMLサポートによ って対応し、それぞれのXML対応に課題が残っていたのに対して、「DB2 Viper」 はネイティブXML文書ストレージとRDBの完全な統合を実現した次世代XMLデータ ベース。商用RDBMSとして初めて、ネイティブにXMLを格納する機能を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから