クラスキャットとネットワールド、「Sun Cobalt RaQ」向けサーバ統合分野で提携

CNET Japan Staff 2006年04月10日 21時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラスキャットとネットワールドは4月10日、Linuxサーバアプライアンス製品「Sun Cobalt RaQ」ユーザーを主な対象とした「Red Hat Enterprise Linux」ベースのインターネットサーバ統合分野で提携することを発表した。

 この提携で両社は、ユーザーやパートナーに対して、共同でRed Hat Enterprise Linuxベースのセキュアなインターネットサーバ統合を提案する。販売が終了したCobalt RaQシリーズのリプレース市場が狙いだ。

 共同ソリューションは、ネットワールドの「VMware ESX Server」を活用したサーバ統合ソリューションとクラスキャットの「ClassCat Cute Server Managerシリーズ」を組み合わせて提供される。

 ClassCat Cute Server Managerシリーズは、Cobalt RaQ550のGUIをRed Hat Enterprise Linuxに移植し、基本ソフトウェアコンポーネントの運用管理をブラウザから行えるようにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR