日本ベリサイン、SCM向けRFIDシステムの導入支援コンサルティングサービス

ニューズフロント 2006年04月10日 22時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは4月10日、企業のSCM向け無線ICタグ(RFID)システム導入を支援するコンサルティングサービス「ベリサインサプライチェーンサービス」の提供を開始した。価格は個別見積もりとする。

 ベリサインサプライチェーンサービスでは、2004年10月より提供してきたRFID評価試験ネットワークサービス「VeriSign EPC Starter Service」に加え、RFID導入によるSCM効率化を支援する各種コンサルティングを実施する。

 具体的には、「RFID導入支援コンサルティングサービス」「情報統合コンサルティングサービス」「情報共有コンサルティングサービス」という3種類のサービスメニューを用意する。それぞれの概要は以下のとおり。

  • RFID導入支援コンサルティングサービス:RFID導入時の投資メリットと、優先的にRFIDを導入すべき製品や設備を明確化し、流通経路上の適切な地点におけるRFIDインフラの設計、導入を支援する
  • 情報統合コンサルティングサービス:RFIDインフラで生成された製品移動データを、データベースやPOSシステムなどの流通関連システムだけでなく、ERPなどにも統合し、有効活用するためのコンサルティングおよびインテグレーション支援を実施する
  • 情報共有コンサルティングサービス:統合したRFID情報を取引相手と共有、活用するために、安全性、信頼性、拡張性に優れたインターネット対応アーキテクチャ構築を支援する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR