ボーランド、要件管理ツールの最新版「CaliberRM 2005 Release 2日本語版」

ニューズフロント 2006年04月12日 16時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーランドは4月12日、要件管理ツールの最新版「CaliberRM 2005 Release 2日本語版」の販売を開始した。税込み価格は、33万6000円(1指名ユーザーライセンス)からとする。

 CaliberRMはビジネスや業務、運用に関する要件を一元管理するツール。ソフト開発における要件の管理と要件間の紐付けを、動的かつ視覚的に設定できる。要件変更時には、変更対象要件とそれに関連するほかの要件への影響を把握できるため、安全かつ効率的な要件変更が可能。

 最新版は、構成管理/変更管理ツール「Borland StarTeam」との連携機能を備え、収集した要件をファイル、タスク、変更要求、要件、トピックといったStarTeamの管理アイテムにリンクできるようになった。これにより、要件変更時の影響分析範囲が、StarTeamの管理下にある仕様書やソースコードなどの成果物まで広がる。「CaliberRMとStarTeamを併せて利用することで、成果物への影響、スケジュールや要件変更の状況を『見える化』できる」(ボーランド)

 さらに、リポジトリ内の要件データと要件属性をリレーショナルデータベースに抽出する「Borland Datamart」機能を搭載した。これをレポーティングツールと組み合わせることにより、要件の安定度や要件属性によるクエリを実施し、プロジェクトの進捗状況を視覚化してダッシュボード内で把握することが可能となる。

 CaliberRMクライアントとCaliberRMサーバ間の通信は、SSLで暗号化する。その結果、社外でCaliberRMクライアントを使用し、社内のCaliberRMサーバにインターネット経由でアクセスする、といった運用が行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?