ターボリナックスとメディアがVoIP事業で協業--USENとライブドアの提携第2弾

永井美智子(編集部) 2006年04月13日 12時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linux OSを開発、販売するターボリナックスと、IP電話サービスのメディアは4月13日、法人向けVoIP事業で協業すると発表した。それぞれの親会社であるライブドアとUSENの業務提携契約に基づくものだ。

 ターボリナックスは、Linuxベースの同社のIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk」を使って、メディア向けのIP-PBXアプライアンス製品を4月中に開発する。メディアはこの新製品を法人向けIP電話サービス「MEDiA IP PHONE」の推奨端末として、5月中旬より販売する。また、ターボリナックスは今後IP-PBXを自社販売する際に、メディア社のIP電話サービスを推奨し販売していく。

 今回ターボリナックスが開発する新製品は、中堅中小企業をターゲットとしており、これまで高価だったボイスメールなどの機能を低価格で提供するという。今後の開発項目としては、IP電話と業務アプリケーションの連動や、CRMツールの提供を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?