ゾープ・ジャパン、Zope事業をオープンソース・ジャパンに移管

CNET Japan Staff 2006年04月13日 15時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース・ジャパン(OSJ)は4月12日、Zope推進部を2006年4月1日付けで社内に新設し、これまでOSJグループ企業のゾープ・ジャパンとして展開してきたオープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)である「Zope(ゾープ)」事業をOSJに移管することを発表した。

 ゾープ・ジャパンでは、Zope Corporation米国本社の国内総代理店として、Zopeの商用製品/サービスの提供を中心とした事業を展開してきた。

 今回の事業方針の変更に伴い、Zope Corporationとの総代理店契約を解除。今後は、日本市場に特化したZope、およびその開発言語である「Python(パイソン)」を活用したSI、独自の製品開発/サービス事業を展開する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?