エアバス、ダッソーの「DELMIAデジタル・マニュファクチャリング・テクノロジ」を活用

CNET Japan Staff 2006年04月13日 16時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMとDassault Systemesは3月21日、Airbusが新しい航空機プログラムに向けて自動組立ラインのシミュレーション、検証、ロボット組立用ラインプログラミング用に、デジタル・マニュファクチャリング・ソリューション「DELMIA V5 Robotics」を採用したことを発表した。

 同ソリューションは、軍用輸送機A400Mの開発で初めて利用される。A400Mは、「CATIA V5」を使って設計される予定で、シミュレーションにDELMIA V5を利用する。これによりAirbusは、プログラミング期間を最適化し、オフラインプログラミングによって生産リソースを継続的にきめ細かくチューニングできるようになる。

 また、このソリューションには、Dassault SystemesのテクノロジパートナーであるCENITが提供するツール「FASTIP-FASTRIM」も使用され、トリミング、ドリリング、リベッティングなどの機能を提供する。

 Airbusはさらに、これらのロボティクスソリューションのほか、エルゴノミクスとアセンブリー・シミュレーション・ツールの「DELMIA V5 HUMAN」および「DELMIA V5 DPMAssembly」も採用している。同ソリューションは、設計ライフサイクル全般にわたって、航空機の各部に組立や保守作業時のアクセススペースが十分確保されているかどうかをチェックすることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから