NTT、128ビットブロック暗号「Camellia」をオープンソースとして公開

目黒譲二 2006年04月13日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTは4月13日、128ビットブロック暗号アルゴリズム「Camellia(カメリア)」のNTT製ソースコードを、オープンソースとして無償でホームページ上に公開すると発表した。

 Camelliaは、2000年にNTTと三菱電機が共同で開発した128ビットブロック暗号で、世界最高レベルの安全性と、プラットフォームに依存しない高速なソフトウェア実装、世界最小かつ最高水準の処理効率を有するハードウェア実装が可能な、優れた実装性能を兼ね備えた暗号方式だ。現在主流の64ビットブロック暗号Triple DESとの比較では、安全性が非常に高く、処理速度が4〜5倍高速であることが確認されている。

 今回のオープンソース公開は、Camelliaを日本発の暗号技術として安全な高度情報流通社会を支える国際的な基盤技術に広めていくというNTTの方針に基づいて実施するものだ。Camelliaの利用者は、基本特許無償許諾契約を締結せずにCamellia基本特許を無償で利用できるようになった。

 NTTは今後、OpenSSLやLinuxをはじめとするオープンソースコミュニティに対してもCamelliaのオープンソースを提供し、早期にCamelliaが標準搭載されるよう働きかけを行う。また、Camellia搭載製品のラインアップ充実と展開を図るため、Camelliaを搭載する製品を開発、事業化する企業や法人に対して技術支援や導入支援などのサポートも提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!