日本ベリサイン、三井住友銀行に電子メール署名用の電子証明書を提供

ニューズフロント 2006年04月14日 16時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは4月14日、三井住友銀行に、電子署名付きメールを作成するための電子証明書「ベリサイン セキュアメールID」を提供すると発表した。三井住友銀行は5月22日より、原則すべてのメールに、同電子証明書を利用して電子署名を行う。フィッシング詐欺対策の一環という。

 最近は国内でも金融機関を騙るメールでユーザーを偽のウェブサイトに誘導し、IDやパスワードなどを盗み取るフィッシング詐欺が増えている。送信元のメールアドレスは詐称が容易なうえ、専門知識のないユーザーが見破るのは難しい。

 三井住友銀行では現在、商品たサービスの案内メールのほか、個人、法人向けオンラインバンキングのユーザー向けに通知メールを配信している。これらのメールに電子署名を行うことで、ユーザーがフィッシングメールを容易に判別できるようにするという。

 暗号化方式には「S/MIME」を採用する。ユーザーは「Outlook Express」「Becky!」「Mozilla Thunderbird」など、一般的なメールクライアントで署名を確認できるという。三井住友銀行では専用ページで確認手順を解説している。

 なお現在、携帯電話機にはS/MIME対応機種がないため、携帯電話のメールアドレスには従来どおり電子署名のないメールを配信する。このほか三井住友銀行の職員が個人名で送信するメールには電子署名を行わない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!