日立とアシスト、情報システム運用のレポーティングソフトウェアを共同開発

CNET Japan Staff 2006年04月14日 18時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所の情報・通信グループとアシストは4月13日、情報システムの運用状況などを企業のビジネススタイルに合わせたレポートとして提供するソフトウェア「Hitachi Log Reporting Suite for JP1」を共同開発し、2006年4月27日より販売開始すると発表した。

 Hitachi Log Reporting Suite for JP1は、日立の統合システム運用管理「JP1」とアシストのウェブレポーティングツール「WebFOCUS」を連携し、システム管理者の視点で運用レポートを提供するレポーティングソフトウェア。

 これまで両社は、JP1の販売パートナーとして提携していたが、今回の発表でこの関係を加速させることを目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから