大型放射光施設「SPring-8」、ウェブサイトを管理するCMSにOSJの「Zope」を採用

CNET Japan Staff 2006年04月14日 19時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース・ジャパン(OSJ)は4月14日、大型放射光施設であるSPring-8(スプリングエイト)のウェブサイトをオープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)である「Zope(ゾープ)」により構築したことを発表した。

 SPring-8は、和歌山毒入りカレー事件でのヒ素鑑定などで実績のある国際的な研究機関。今回、SPring-8のウェブサイトのリニューアルのためのシステム構築をOSJが担当し、2006年2月21日に一般公開された。リニューアルにより、さらなる研究施設の利用の促進と利便性の向上が実現されている。

 SPring-8では、実験事例コンテンツの登録と管理、サイト全体の検索機能を強化することを目的にCMSの導入を検討。商用CMSツールは数千万円と高額なため、スクリプト言語Pythonで開発されたZopeを採用し、費用削減を実現した。

 Zopeは高度で柔軟なワークフロー処理機能が評価されており、米国国防総省やEC(欧州共同体)各国の公共組織などで、すでに利用実績がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!