三菱東京UFJ銀行、IBMのメインフレーム「IBM System z9」を採用

CNET Japan Staff 2006年04月18日 00時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月17日、三菱東京UFJ銀行からオープンメインフレーム「IBM System z9」を受注したことを発表した。三菱東京UFJ銀行では、IBM System z9をデータセンターに設置し、ネットワークを介して営業店サーバシステムとして活用する予定だ。

 IBM System z9は、仮想化技術によって複数の論理区画を設定し、ひとつの論理区画で複数営業店の業務を処理することを可能にする。これらの機能により、CPU能力などのリソースの割り振りが可能なほか、システムを停止することなく、CPUの追加や交換を行えることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?