日本HP、独自開発チップセット「HP sx2000」搭載Itanium 2サーバを発売

ニューズフロント 2006年04月18日 14時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月18日、独自開発の新型チップセット「HP sx2000」とインテルItanium 2プロセッサを搭載するハイエンドサーバ「HP Integrity Superdome」とミッドレンジサーバ「HP Integrity rx7640」「HP Integrity rx8640」の販売を開始した。税込み価格は4341万7500円からとする。

 HP sx2000は、データ転送を制御するクロスバーの帯域幅を既存チップセット「HP sx1000」の約4.2倍に拡張するなど、システム内の各バンド幅の帯域を広げた。その結果、HP sx1000を搭載したSuperdomeサーバと比べ、HP sx2000搭載Superdomeの処理性能は最大30%高くなった。

 また、メモリ障害によるシステム停止を回避する「ダブルチップスペアリング」機能の採用、バスの三重化による信頼性を確保するクロスバーの強化、システム内の時間をコントロールするシステムクロックの二重化などにより、耐障害機能を大幅に強化した。

 HP sx2000を搭載する3モデルの概要は以下のとおり。

  • HP Integrity Superdome
    プロセッサ:Itanium 2(1.6GHz、9Mバイトキャッシュ)、最大64個搭載可能
    メモリ:最大1024Gバイト

  • HP Integrity rx8640
    プロセッサ:Itanium 2(1.6GHz、6Mバイトキャッシュ)、最大16個搭載可能
    メモリ:最大128Gバイト

  • HP Integrity rx7640
    プロセッサ:Itanium 2(1.6GHz、6Mバイトキャッシュ)、最大8個搭載可能
    メモリ:最大64Gバイト

 日本HPは、今後提供されるデュアルコア版Itanium 2(開発コード名「Montecito」および「Montvale」)や、PA-RISCプロセッサの「PA-8900」(Superdomeのみ)への対応を予定している。デュアルコア版Itanium 2の搭載可能個数は、HP Integrity Superdomeが最大128個、HP Integrity rx8640が最大32個、HP Integrity rx7640が最大16個となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?