KCCS、TRUSTe認証シールの取得支援サービス開始--コンサルと脆弱性診断を実施

ニューズフロント 2006年04月19日 15時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)と日本技術者連盟TRUSTe認証機構(JEF)は4月19日、KCCSがウェブサイトの信用度や信頼度に関するTRUSTeプログラムの認証取得支援サービス「TRUSTe認証取得コンサルティングサービス」を提供すると発表した。

 TRUSTeは、個人情報を扱うウェブサイトの信用度と信頼度を向上させるため、第三者審査機関が審査、認証する世界標準の認証プログラム。現在世界26カ国で展開されており、国内ではJEFが認証団体となっている。2006年3月31日現在521社が採用し、認証ライセンシー数は635ドメインある。

 KCCSは、JEFから認定審査パートナー企業の認定を受け、TRUSTe認証取得コンサルティングサービスの提供を始める。TRUSTeおよびモバイル向けプログラムTRUSTe Mobileの認証シール取得に向け、事前準備から取得までの活動を支援する。TRUSTeは、認証シール取得後の維持、管理に重点を置いているため、KCCSは「取得後の運用も考慮に入れたサポートを実施する」としている。

 取得までのコンサルティングを行う基本メニュー「TRUSTe認証取得コンサルティング」(1サイト当たり80万円)と、ウェブサイトおよびネットワークの脆弱性を診断するオプションメニュー「Web脆弱性診断サービス」(同40万円)という2種類のメニューを用意する。KCCSでは、1年間に約2億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!