AT&T GNS、「グローバル・ネットワーク・クライアントV6.5」および「マネージドPFW」を発表

CNET Japan Staff 2006年04月19日 16時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AT&Tグローバル・サービスは4月18日、Wi-Fi(Wireless Fidelity)および海外でのアクセスポイントを大幅に拡充、充実させた接続サービス、「グローバル・ネットワーク・クライアントV6.5 」とエンドポイントPCに対する検疫機能を付加したセキュリティサービスである「マネージド・パーソナル・ファイアウォール(マネージドPFW)」を発表した。

 今回発表された2つのサービスは、場所やアクセス方法を問わず高いセキュリティを確保しながら、世界中どこからでも同じユーザーインタフェースで顧客のネットワークに接続できるもの。ネット・クライアントV6.5は4月19日より出荷され、マネージドPFWは本年第2四半期に出荷を開始する予定だ。

 ネット・クライアントV6.5は、リモートアクセス機能を大幅に強化し、ワークスタイルの多様化への対応や利便性の向上が図られている。一方のマネージドPFWは、社外からPCを企業ネットワークに接続する際に、エンドポイントPCに対して社内セキュリティポリシーの遵守状況を確認できるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?