ウイングアーク、帳票統合スプールサーバ「RDE Ver3.1」の出荷を開始

CNET Japan Staff 2006年04月20日 01時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアークテクノロジーズは4月19日、同社の帳票開発ツール「SVFX-Designer」に対応した帳票運用ミドルウエア「Report Director Enterprise(RDE)Ver3.1」の出荷を同日より開始すると発表した。

 RDE Ver3.1は、各拠点やシステムごとに運用されている帳票印刷環境を一元化し、全社共通で帳票データやプリンタの管理を可能にするミドルウェア。印刷品質を保ちながら大量文書の印刷に対応でき、詳細な印刷制御を実現した。ビジュアルな帳票出力が可能で、プリンタへの大量印刷時のファーストプリントの高速化やプリンタ監視機能も強化されている。

 標準価格は、1サーバ/1CPUで300万円、追加CPUライセンスが1CPUあたり150万円、RDE導入稼働支援サービスが60万円となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?