日本IBMとIBCS、SOA導入の全局面に対応したサービスを一括提供

ニューズフロント 2006年04月20日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMとアイ・ビー・エムビジネスコンサルティングサービス(IBCS)は4月20日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)のコンサルティングから、設計、システム構築および運用までのサービスをメニュー化した「SOAサービスオファリング」を発表した。

 SOAサービスオファリングは、すでに提供している構想策定および基本設計を対象としたサービスに加え、実装(システム構築)、運用という「(SOA導入に関する)4つの局面すべてに対応したサービスを提供する」(両社)。サービスは局面ごとにメニュー化しており、顧客のSOAプロジェクトの状況に応じ、必要な支援サービスだけを選択できる。各サービスメニューの概要は以下のとおり。

  • SOA対応ビジネス支援サービス:SOA効果アセスメント、基本構想策定支援、SOAガバナンス策定支援などを通じ、コンサルティングする
  • SOA対応設計サービス:サービス基本設計、インフラ基本設計、ロードマップ策定などにより、ビジネスおよびITシステム基盤の設計を支援する
  • SOA対応実装サービス:各サービスのコンポーネントを開発する
  • SOA対応運用サービス:サービス監視、サービスセキュリティ、サービスパフォーマンス管理など、システムのサービスレベルを監視する

 両社では、「全局面のサービスを継ぎ目なく提供できるため、迅速かつ一貫した方針でのSOA導入が可能になる」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?