日本オラクルとデル、中小企業向け共有コンテンツ統合パッケージ製品を発売

ニューズフロント 2006年04月20日 19時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルとデルは4月20日、企業内に散在するファイルサーバを統合するための中小企業向けパッケージ製品「ファイルサーバー統合ソリューション・パッケージ」の販売を開始した。日本オラクルでは、「企業内のセキュリティや内部統制の強化と、システム運用、管理の効率化によるTCO削減を支援する」としている。

 同製品は、中小企業向けの設定をあらかじめ施したデルのIAサーバ「PowerEdge」やDell|EMCストレージなどのハード製品をベースに、コラボレーティブアプリケーション「Oracle Collaboration Suite 10g」のデータ共有コンポーネント「Oracle Content Services」などで構成する。サーバとストレージに加え、ソフトライセンス、システムの導入から保守までのすべてをパッケージ化して、短時間、容易かつ安価なシステム導入と稼働が可能だ。

 Oracle Content Servicesは、共有するコンテンツをデータベースに格納する点が特徴。ファイルシステム上にコンテンツを保持するファイルサーバと異なり、コンテンツのセキュリティをOSから切り離せる。コンテンツの一元管理やアクセス権管理も容易に行える。「散在しているファイルサーバのどこにコンテンツを置いたか分からない、ということがなくなり、管理者や責任者は、監査時に提示すべきドキュメントなども即座に提示できる」(日本オラクル)

 100ユーザー環境向けの推奨構成は以下のとおり。この構成時の税込み価格は257万2000円とする。

  • サーバ:PowerEdge 2800
  • メモリ:6Gバイト
  • ハードディスク:73Gバイト×2台
  • RAID:オンボード
  • ネットワーク:オンボードインテルデュアルポートGigabitネットワークコントローラ
  • OS:Red Hat Enterprise Linux ES v.4
  • サポート:当日4時間、3年間の24時間365日オンサイト、TAM、ゴールド電話サポート
  • ソフト:Oracle Collaboration Suite 10.1.2
  • その他:基本導入サービス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR