日本IBM、神戸大学の全学生・教職員向け基盤システムを受注

CNET Japan Staff 2006年04月21日 11時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月20日、国立大学法人神戸大学から、約1万8000人の全学生と約5000人の教職員を対象とした新情報システム基盤の構築を落札、受注したことを発表した。

 新情報システム基盤は、多様化する利用者ニーズへの対応に加え、共通化可能な情報サービスを集約する学内のシステム最適化を目的としており、2006年4月より本格的に稼働している。

 このシステム基盤は、六甲台、名谷、深江、楠の4キャンパスを結び、同学の全学生、教職員が利用する大規模なシステム。IBMのUNIXサーバ「IBM eServer p5」13台、PowerPCプロセッサーを搭載した1215台のクライアントPC、および総容量が約30テラバイトに及ぶIBMのストレージ「IBM TotalStorage」で構成される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR