SAPジャパンと日本IBMなど、ERPパッケージ導入推進に向け協業関係を強化

ニューズフロント 2006年04月24日 14時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンと日本IBM、IBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS)の3社は4月24日、ERPパッケージ導入推進に向けた協業関係を強化すると発表した。

 具体的には、IBCSがSAPジャパンからスキル育成支援を受け、2006年末までにSAP認定資格を持つコンサルタントを約200名増やす。これらコンサルタントは、IBCSが2005年7月に設立した「バリューデリバリーセンター」に配属し、合計約550名の体制に拡充する。

 また、日本IBMとSAPジャパンは、業務用サーバ「IBM System i5」で、「mySAP ERP」導入顧客向けの専用モデル「IBM System i5 Solution Edition for mySAP ERP」を提供する。同モデルの価格は、SAP製品導入を促進するため、標準製品と比べ約4割から半額程度の価格設定とした。両社は製品の共同開発を進めており、データベース管理ソフト「DB2 version 8.2.2」にSAP製品とDB2を最適化する「SAPチューナー」という自律コンピューティング機能を搭載した。

 さらに、SAP製品導入メリットを明確化するサービス「Value Engineering(VE)」を活用し、顧客のSAP製品導入メリットを分析、明確化し、提案する共同営業活動を推進していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから