エージーテック、難読化ツール「Dotfuscator 3.0」の企業向け新ライセンスを発売

CNET Japan Staff 2006年04月24日 19時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エージーテックは4月24日、PreEmptive Solutionsが開発した.NET開発環境向けの難読化(Obfuscation)ツール「Dotfuscator(ドットファスケーター)Version 3.0」の企業向けライセンス/価格体系を新設し、2006年5月1日より販売すると発表した。

 今回、新たに追加されたライセンス形式は、難読化済みモジュールのサポートやデバッグを可能にする「Network Suite License」と「Enterprise License」の2つのライセンス。新しいライセンスには、複数のDotfuscatorを割安な価格に設定し、Dotfuscatorがなくてもサポートやデバッグが可能なLucidator(ルシデーター)と、標準で1〜2人のテクニカルサポートも含まれる。

 Dotfuscator 3.0は、今回発表されたライセンス以外にも標準的な難読化を行う「Dotfuscator Standard Edition」と商用アプリケーションに向け、高度な難読化を行う「Dotfuscator Professional Edition(Single-User)」があり、これらも同日付けで新価格となる。

 新価格は、Standard EditionのSingle-Userが11万円(ダウンロード版は10万円)、Professional EditionのSingle-Userが32万円(ダウンロード版は30万円)。1人分のテクニカルサポート費用と契約事業所内コピーフリーのLucidator使用権が付属するNetwork Suite Licenseは、5ユーザーで95万円、10ユーザーで165万円、20ユーザーで230万円。2人分のテクニカルサポート費用と契約企業内コピーフリーのLucidator使用権が付属するEnterprise Licenseでは、10ユーザーで280万円、20ユーザーで330万円、30ユーザーで380万円となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!