CA、IT情報の統合/アクセスに関する仕様策定ワーキンググループに参画

CNET Japan Staff 2006年04月24日 19時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CAは4月20日、マルチベンダーで構成される複雑なIT環境上の情報を互いに統合し、アクセスを可能にする新しい相互接続仕様を策定するワーキンググループに参画したことを発表した。

 このワーキンググループは、構成管理データベース(Configuration Management Databases:CMDB)とほかのデータリポジトリとの間で情報を共有できるオープンな業界仕様を開発することを目的に、BMC Software、富士通、HP、およびIBMの4社により設立された。

 各ベンダーのツール間で構成情報を共有しできる標準仕様により、企業はCMDBを利用して、分散した複数のデータソースからのIT情報に対し、より正確なビューを作成できるようになる。

 ワーキンググループの主要目的は、IT Infrastructure Library(ITIL)に記述されているIT運用手順をサポートすること。2006年後半に業界規格団体へ仕様のドラフト版を提出する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?