SPSSの「Dimensions」を修士論文の調査データ用プラットフォームに--明治大学ビジネススクール

CNET Japan Staff 2006年04月24日 20時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エス・ピー・エス・エス(SPSS)は4月24日、明治大学ビジネススクール(MBS:明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究学科)が修士論文用の調査データの収集から分析までを一元管理するウェブ対応の「調査プラットフォーム」として、同社の「Dimensions」を、2006年4月の新学期から使用すると発表した。

 Dimensionsは、「顧客の声」をビジネスにフィードバックするEFM(Enterprise Feedback Management)に対応できるように設計されたビジネス向け統合パッケージ。顧客の声を収集するための「調査票デザイン」から「データ収集」「集計」および「レポーティング」までを、ひとつのプラットフォームで実現し、継続的に顧客の声を取り入れる仕組みを提供する。

 今回の学術利用でMBSは、大学院生が論文作成に必要なデータを効率的に収集できるだけでなく、新たな質問を追加することで分析に必要なデータを収集できるようになり、徹底した分析を行なえることを重視。2つのテーマの質問項目をひとまとめにした調査票を作成し、収集されたデータを個々のテーマに分けて分析したり、相互に質問の回答を加えて分析する機能などを評価し、採用した。

 4月の新学期から、4チーム10人の大学院生が1年間にわたり、「女性におけるオーガニック食品に関する意識と店舗選択行動」「行政ウェブサイトの満足度と行政サービス満足度の関係」「医療機関関係者における医療の質について」「企業のコールセンター利用者と企業満足度について」をテーマに調査データの収集/分析を行なう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR