三菱電機、ワーム攻撃の「予兆」分析技術を開発--2007年に実用化へ

ニューズフロント 2006年04月25日 16時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は4月25日、ネットワーク上で、ワーム型ウイルス活動を早期に検知するセキュリティ攻撃予兆分析技術「DynamicSVD」を開発したと発表した。アクセスの「量」ではなく「変化のパターン」を見るため、本格的な攻撃が始まってアクセス量が急増する前に、ウイルス活動を検知できるという。

 三菱電機によると、従来のネットワーク監視サービスでは、あらかじめ設定したしきい値を超えるようなアクセス量の増加をウイルス攻撃とみなす検知方式を採用している。この方式はネットワークごとにしきい値を調節しないと有効に働かず、値を低く設定すると単なるアクセス量の変化に過敏に反応しすぎ、余裕を持たせると本物の攻撃の検知が遅れる問題があるという。

 新技術では、まず監視対象となるネットワークの通信状況から複数のパラメータを取得して、2次元のグラフに変換。グラフ上で、メールの送信やファイルの転送など正常なアクセスの分布を把握する。ワーム型ウイルスが活動を始め、アクセスが正常な分布から逸脱すると、逸脱の度合いをもとに異常を報告する。

 三菱電機は関連会社の三菱電機情報ネットワークと共同で、4月より実用化試験を開始。従来の約3分の1以下の時間でワーム型ウイルスの活動を検知できたという。今後は2007年3月までに実験を完了し、同年4月から新技術を用いたネットワーク監視サービスを提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから