セールスフォース・ドットコム、企業情報ダウンロードサービス「LBC Targeting for AppExchange」を発表

CNET Japan Staff 2006年04月25日 21時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムとランドスケイプは4月25日、企業情報ダウンロードサービス「LBC Targeting for AppExchange」を発表した。

 LBC Targeting for AppExchangeは、ランドスケイプの750万件以上の法人データベースから、地域、業種などの条件入力により、該当する法人データを検索/抽出し、セールスフォース・ドットコムのオンデマンドCRM「Salesforce」に取り込んで利用できるサービス。法人データベースには、住所、電話番号、FAX番号などが含まれており、ユーザーは新規顧客を開拓する際に、ターゲットを絞り込んだ法人データベースを作成・活用できる。

 同サービスは、セールスフォース・ドットコムのオンデマンドプラットフォーム「AppExchange」上に構築されており、同日より利用可能。価格は、基本料金として社名、郵便番号、住所、電話番号、業種を含む法人データ1件のダウンロードが40円。FAX番号、資本金、代表者名、従業員数のデータが必要な場合、項目ごとにデータ1件5円のオプション料金が必要になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?